優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
  • 癒しの猫図鑑 猫種ごとの写真で探せる図鑑サイト

管理室

子猫を迎える前の準備と飼育グッズ

子猫を家に迎えるにあたって、子猫が快適に暮らせる環境が整っていることが前提となります。ただでさえ環境の変化でストレスを抱えていることでしょうから、以下に挙げるものはきちんと準備をしておきましょう。

子猫用のキャットフード

猫はもともと環境の変化にストレスを抱えやすい動物であり、子猫であればなおさらです。急激に環境が変わることによって、疲れて下痢をすることもあります。環境の変化は住居の変化でもありますが、エサの変化でもあります。そのため、最初はそれまで食べていたものを与えて、少しずつ新しいものを混ぜて慣れさせていきましょう。 購入したブリーダーにエサを分けていただくことをお勧めします。(要費用相談)

専用の食器

フード用の食器と水用の食器を2つ準備しましょう。複数の子猫を迎える場合には、複数の食器が必要となります。

トイレ用品

トイレ用品は猫用トイレとトイレ砂を準備しておきます。猫は非常にきれい好きな動物であるため、トイレが汚れているとトイレ以外の場所で用を足してしまいます。そのため、洗いやすく清潔を保ちやすいトイレを選ぶとよいでしょう。複数の子猫を迎える場合には複数のトイレを用意することが望ましいです。

猫は用を足した後ににおいを消そうと砂をかける習性があるので、トイレ砂も用意しておきます。最初は子猫がそれまで使っていたトイレ砂や、子猫の匂い(オシッコ)が付いたシートを新しい砂の中に入れて覚えさせるように使うのがいいでしょう。

また、子猫のうちはトイレ以外の場所で用を足してしまうこともあるので、消臭剤も用意しておきましょう。

ベッド

猫用のベッドを用意し、子猫が安心して過ごせる専用のものを用意してあげましょう。子猫は段ボールなどに毛布でも代用は利きますが、子猫が出入りできるように入口は低い造りにしてあげることが大切です。

サークル、ケージ

子猫は好奇心旺盛で、家中を歩き回り、入ってはいけない場所にも構わず入っていきます。その傾向が強い場合にはサークルやケージを使って行動範囲を制限する必要があるかもしれません。

おもちゃ

子猫用のおもちゃは準備しておきましょう。猫はおもちゃで遊ぶことを好みますし、猫と遊ぶ時間を多くとってあげることで、猫との愛情も深まるはずです。猫用のおもちゃを準備することで、猫を誤飲などの危険からも防ぐことができます。

キャリーバッグ

猫を連れて外出するときにはキャリーバッグが必需品となります。動物病院などに連れて行く時には特に必要となります。キャリーバッグに慣れていない猫はキャリーバッグに入ることを嫌うため、普段から部屋にキャリーバッグを置いて出入りできるようにしておいて置いたり、ベッド代わりにするのもいいでしょう。

グルーミング用品

長毛種の猫を飼う場合に言えることですが、換毛期になると毛がたくさん抜け、これを放っておくと毛玉になってしまいます。また、短毛種でもブラッシングは大切ですし、猫とのスキンシップも図れます。そのためブラシなどのお手入れ道具は揃えておくようにしましょう。ブラシのほかにも猫用シャンプー、猫用爪切りなども用意しておきましょう。

爪とぎ器

猫は本能的に爪をとぎます。この行為をやめさせることはできないため、壁や柱で爪をとごうとします。その場所が気に入ってしまうとそこで爪とぎを行うため、壁や柱に手をつける前に爪とぎ器で爪をとぐ習慣をつけさせましょう。

首輪

完全に室内で飼う場合でも、飼い主が目を離したすきに窓などから外に出ることもあります。室内で暮らしていた猫にとって外の世界はあまりに知らないものが多く、広く、猫はびっくりしてパニックを起こしてしまいます。そのようなときには名前を呼んでも近寄ってきませんし、道がわからなくなって迷子になることもあります。

万が一の時のために、飼い主の名前と住所、連絡先を書いた首輪をつけておくようにしましょう。

キャットタワー

大きなキャットタワーが置けるスペースがあれば言うことはありませんが、日本の住宅事情では、なかなか難しい場合もあります。しかし、キャットタワーには小さい物や、寝床に替わるわるものが付いている物、たて型突っ張り棒のように縦型1本で作られた物など様々なものがあります。色々探してみましょう。

どうしてもスペース的にキャットタワーが無理な場合でも、高低差のある場所がタンスなどによって作れれば、猫の生活には問題ないので、高低差があるように家具の配置などで工夫してみましょう。

猫サンプル 販売中の子猫を見る